1. トップ >
  2. ウーマントピックス > エプソン、Tシャツなど綿製品へ直接プリントできるガーメントプリンターを発売

ウーマントピックス

<< 2013年9月の一覧

エプソン、Tシャツなど綿製品へ直接プリントできるガーメントプリンターを発売

2013/09/18

セイコーエプソン株式会社は、業務用インクジェットプリンター「SureColor」の新商品として、エプソンとしては初めてTシャツやポロシャツ、トートバックなどの綿製品へ直接プリントできるガーメントプリンター『SC−F2000』を、2013年11月1日に発売する。
*ガーメント(garment)とは、「衣服」・「衣料」を意味する。

同社は、2015年に向けた長期ビジョン「SE15」の中で、「強い事業の集合体」のひとつとしてプリンター事業を掲げ、そのコア技術である「マイクロピエゾテクノロジー」を核に、インクジェット技術をホーム・ビジネス向けから商業・産業用途にいたる幅広い分野に応用していくことを目指している。
今回発売するガーメントプリンターSureColor『SC−F2000』は、一般家庭やプロフェッショナルフォト分野での写真印刷をはじめとして、サイン・デザイン業界でも信頼を集め、昨今は布地に柄などをプリントするテキスタイル印刷などの捺染分野でも注目を集めている同社のインクジェット技術を、Tシャツやポロシャツなどのウェアプリント業務向けのプリンターとして応用し、新たに投入するものだ。

ウェアプリント業務においては、学校の行事用で使うTシャツやクールビズを背景とした企業向けポロシャツ、イベント用Tシャツや販促用小物など、オリジナル商品に対する要望の増加により、必要なときに必要な量を安価に、短納期でプリントしたいというニーズが高まっている。また、競合店との差別化を図るために、プリントの品質にも表現力が求められている。従来のシルクスクリーン印刷工程では、製版やインキの調合など印刷準備やメンテナンスに時間を要し、作業にあたっては専門の熟練工を必要とするため、小ロット印刷を短納期・低コストで対応するのは困難であった。また、写真などの階調表現に必要な多色プリントは手間とコストがかかっていた。

新商品『SC−F2000』は、これまで同社がインクジェットプリンターで培った高い技術を応用し、多色を使ったイラストや写真の表現もフルカラーで高画質プリントが可能で、本体・プリントヘッドの高い耐久性を実現した、安心かつ使いやすいガーメントプリンターだ。パソコンからデジタルデータをTシャツ・ポロシャツなどの綿衣類やトートバックに直接プリントするので製版の必要がなく、短納期で生産が可能となり、小ロットの場合でも低コストでプリントできる。
また、本体の高い信頼性に加えて、誰でも簡単に操作できるソフトウェア「Garment Creator」の無償提供と導入から運用までを支援するサポート体制で、顧客のウェアプリント業務を総合的に支援する。

なお、同社は9月19日(木)より開催されるサイン&ディスプレイショウに出展し、新商品『SC−F2000』の展示を行う。

▼販売目標台数について
『SC−F2000』の今後1年間の販売台数は、75台を予定している。

▼価格・販売日について
新商品の価格と発売日は以下の通り
商品名     :SC−F2000
標準価格(税別):168万円
発売日     :2013年11月1日

▼関連リンク
セイコーエプソン株式会社
http://www.epson.jp/

written by 花子

過去のウーマントピックス



会員登録はこちら
ご注意

クチコミなどに掲載された情報に関する規約はこちらをご覧ください。
MONEYGEで得られた情報のみを信頼したり、またはこれを多大に信用し、投資を決定することはおすすめできません。判断をしたり行動を起こされる前に、各企業、各金融商品取引所、日本証券業協会等の信用できる機関を通じて事実確認を行うことをお勧めします。

マネー占星術

2019年8月25日(Sun)
■ 今日が誕生日の人の運勢
総合運
恋愛運
金運
仕事運
ラッキーカラー
※自分の運勢を知りたい方はログインしてください。

おすすめ書籍

モバイルサイト アンケート セミナーレポート
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...