1. トップ >
  2. マネーの知恵 >
  3. マネー全般 > 家計簿をもっと役立てる5つのアイディア

家計簿をもっと役立てる5つのアイディア

家計簿をもっと役立てる5つのアイディア

「家計簿つけに時間がかかって大変」「せっかくつけた家計簿、どう役立てたらいいかわからない」とお悩みの方はいませんか? せっかくつけた家計簿を、もっと役立てるための5つのアイディアをご紹介します。

 

カバンに入るサイズのノートを選ぶ

家計簿には、レシートをもとに書き込む人が多いですよね。でも、自動販売機でジュースを買った時など、レシートがありません。
こんなとき、すぐに家計簿に書き込むことができると、便利ですよね。A5サイズ以下のノートを選べば、カバンに入れて持ち歩けます。買い物が済んで、お茶を飲んでいるときに、さっとノートを出して書き込むこともできますよ。

 

シンプルで見やすい家計簿を目指す

1か月単位で収支管理をしているなら、1か月の出費が一目でわかるようにしましょう。1か月分のカレンダーが、見開き1ページに収まっている手帳やノートを、家計簿として使うと便利です。
私たちの出費は「衣、食(日常生活)、住、遊+義理」のどれかになることが多いですよね。
家計簿には「衣類 □□円」「遊び □□円」など、分類と金額を書き込むようにすると、シンプルで見やすいです。また、食料品と日用品は一まとめにし「日常生活費」とすると、管理が楽になります。家計簿には「スーパー○○円」「ドラッグストア□□円」「コンビニ△△円」と記入しましょう。

 

予定外の出費は理由をメモする

たとえば「友達と高級レストランで食事」「どうしても欲しい服を見つけて買ってしまった」など、予定外の出費は、全てが「いけないもの・ムダ遣い」ではありません。嬉しいことがあってのお祝いや、大切な人への贈り物は、お金が活きる使い方だと言えます。

でも、衝動買いや予定外の出費があまりに多いのも良くありません。「貯蓄ができるまで、待てなかったのかな?」「予定の立て方・見通しが甘かったのでは?」という反省に役立てるために、メモを残しておきましょう。

 

将来の出費予定を書いておく

たとえば「2月 従兄の結婚式」「3月 車検」「6月 コンタクトレンズ買い換え」など、出費の予定をメモしておきましょう。すると、そのお金をどのように準備するか、事前に考えることができます。

付箋に書いて貼っておけば、家計簿のページが変わっても、付箋を移動させるだけで済み、お金を払ったら付箋を外せばよいので、とっても便利です。

 

貯蓄の額も書いておく

家計簿のどこか1ページを使って「今の貯蓄がどのくらいか」「今月はどのくらい貯蓄ができたか」を記録しておきましょう。

貯蓄が進みにくいのは「貯金箱の中身が見えない」「銀行にいくら貯まったかわからない」、つまり「成果が見えない」ことが理由かも。貯金箱に入れたお金、銀行に預けたお金が、家計簿で見える形になれば、「これからも貯めよう!」と意欲が湧いてきますよ。

 

 

 



会員登録はこちら
ご注意

クチコミなどに掲載された情報に関する規約はこちらをご覧ください。
MONEYGEで得られた情報のみを信頼したり、またはこれを多大に信用し、投資を決定することはおすすめできません。判断をしたり行動を起こされる前に、各企業、各金融商品取引所、日本証券業協会等の信用できる機関を通じて事実確認を行うことをお勧めします。

マネー占星術

2019年2月23日(Sat)
■ 今日が誕生日の人の運勢
総合運
恋愛運
金運
仕事運
ラッキーカラー
※自分の運勢を知りたい方はログインしてください。

おすすめ書籍

モバイルサイト アンケート セミナーレポート
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...