1. トップ >
  2. マネーの知恵 >
  3. マネー全般 > お金の貯まる家計簿をつけよう!

お金の貯まる家計簿をつけよう!

お金の貯まる家計簿をつけよう!

家計簿をつけると、どんなメリットがあるでしょうか?

●収支のバランスが取りやすくなる

●何にお金を使ったか分析し、無駄を減らすことができる

●将来の収支の予定を考えられるようになる

でも、メリットがあるのはわかっていても「書き込むのに時間がかかって、疲れ果ててしまい、家計簿つけが続かない」という方も多いもの。「苦労して家計簿をつけたのに、あまりお金が貯まらない」と悩む人もいますよね?

そこで「家計簿つけが楽になって、お金も貯まるようになる」ポイントをご紹介します!

 

レシートの分類をしよう!

家計簿をつけるためには、レシート・領収書を集めますよね。でも「毎日、家計簿に書き込む」のは大変なもの。夜中、眠い目をこすりながらの作業は、ミスも多くなります。

かといって「たまったレシートを、月末にまとめて書き込む」のも、1日がかりの仕事になって、これも大変ですよね。

そこで、手元にあるレシート・領収書を「食費」「外食費」「被服費」「水道光熱費」「通信費」「交通費」「日用品」「交際費」「家賃」「その他」などに分類することだけ、毎日続けましょう。箱や紙袋を用意して、項目ごとに分けて入れておくといいですね。

月末になったら、項目ごとにレシートを集計して、家計簿に書き込むようにしましょう。こうすると短時間で書き込むことができて、とっても便利です!

 

貯金を先に確保しよう!

私たちは「収入 − 支出 = 貯金」と考えてしまいがち。しかし、この方法ではなかなか貯金が増えません。それは「使っていいお金がどのくらいあるのか?」が、はっきりわからず、ついつい使いすぎてしまからです。

「収入 − 貯金 = 使っていいお金」と考えると、「使っていいお金」がどのくらいか、はっきりしますよね。貯金するお金は先に確保して、残ったお金で生活をやりくりしましょう。

また、貯金するお金は「金額」を決めるのではなく、「収入の何割を貯金する」と決めるほうが、無理のない生活を送ることができます。特に、収入の変動が激しい方には、金額ではなく何割を貯金にまわすか、決める方法がお勧めです。

 

項目ごとに「使っていいお金」を意識しよう!

貯金の割合を決めたのと同じように、家計簿の項目ごとに「収入の何割」という予算を決めるのもお勧めです。

ご家庭の事情によって「予算のベストな配分」が変わります。育ち盛りのお子さんがいるご家庭なら、食費や教育費がたくさんかかるでしょう。ご夫婦が共働きの家庭なら、外食費や交際費が多めになるかもしれません。

予算のベストな配分を見つけて、無駄を減らし、お金を確実に貯められるように、まずは家計簿をつけることから始めましょう!

 



会員登録はこちら
ご注意

クチコミなどに掲載された情報に関する規約はこちらをご覧ください。
MONEYGEで得られた情報のみを信頼したり、またはこれを多大に信用し、投資を決定することはおすすめできません。判断をしたり行動を起こされる前に、各企業、各金融商品取引所、日本証券業協会等の信用できる機関を通じて事実確認を行うことをお勧めします。

マネー占星術

2019年2月23日(Sat)
■ 今日が誕生日の人の運勢
総合運
恋愛運
金運
仕事運
ラッキーカラー
※自分の運勢を知りたい方はログインしてください。

おすすめ書籍

モバイルサイト アンケート セミナーレポート
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...