1. トップ >
  2. マネーの知恵 >
  3. 預金&カード > カードの紛失、盗難、情報漏洩に注意しよう

カードの紛失、盗難、情報漏洩に注意しよう

カードの紛失、盗難、情報漏洩に注意しよう

カードが他人の手に渡ったら?

新生活がスタートし「新しい銀行口座を開こう」「クレジットカードを作ろう」と考える方もいるでしょう。私たちは、キャッシュカードがあれば、自分の銀行口座から、自由にお金を引き出すことができます。クレジットカードがあれば、買い物をしたり、キャッシングをしたりすることができます。
ただ、もしもキャッシュカードやクレジットカードが、第三者の手に渡ったら、これらのメリットを全て他人に持っていかれる、という危険性についてよく知るようにしましょう。たとえば、第三者があなたの銀行口座からお金を引き出すかもしれませんし、第三者があなたのクレジットカードで多額の買い物をしたり、キャッシングをしたりするかもしれないのです。カードに関する「情報」が第三者の手に渡るだけでも、その情報をもとに偽造カードが作られ使用されたり、ネットショップで第三者の買い物に使われる、というケースもあります。

 

カードの紛失、盗難、情報漏洩に気づいたら

●銀行とクレジットカード会社に連絡する
各銀行、クレジットカード会社は、カードの紛失・盗難に遭った場合の電話受付ダイヤルを設けています。カードの使用停止を行ってもらうため、すぐに連絡をします。これらの電話番号は、事前に電話のメモリーに登録しておくと良いでしょう。1分、1秒でも早く連絡することが大事です。

●警察に届け出る
クレジットカードや、キャッシュカードだけを失うケースよりも、財布ごと、バッグごと紛失・盗難に遭うケースが多いでしょう。警察では、失った経緯や、失ったもの全てを届け出ることになりますので、できるだけ正確に思い出しましょう。実は私も、財布をなくしたことが一度あり、警察に行きました。紛失届を書くのは難しくありませんでしたし、警察の方も「わからないことは、聞いてくださいね」「うっかり、クレジットカードを入れて忘れているというケースもありますので、よく思い出してくださいね」と親切に声をかけてくださいました。

 

カードやその情報が第三者に渡るのは、どんなとき?

●カードを紛失したとき

●盗難(スリ、引ったくり、置き引き、空き巣など)の被害に遭ったとき
「財布やバッグごと、どこかに置き忘れる」ということもあるでしょう。免許証などの身分証明書が入っていると、カード類の暗証番号を推測され、カードを第三者に使用されてしまう可能性もあります。

●暗証番号の覗き見・盗み見
銀行ATMを利用している人の後から、キャッシュカードの暗証番号の情報を覗き見る手口です。暗証番号式のコインロッカーなどで、暗証番号を盗み見ておき、キャッシュカードなどの暗証番号を類推するという手口もあります。

●スキミング被害
スキミングとは、スキマーという磁気情報読み取り装置を使って、カード情報を盗み出す手口です。ホテル・旅館・日帰り温泉・風俗店・飲食店・ゴルフ場・フィットネスクラブなどで、衣類をロッカーやクロークに預けた際に、カード情報を盗まれるケースがあります。また、店舗で買い物をしてカードで支払をする際に、決済手続きを装って、カード情報を読み取られるという手口もあります。

●フィッシング詐欺
銀行やクレジットカード会社を名乗り、電話やメールで言葉巧みにカード情報を聞き出したり、偽の銀行・カード会社のホームページに誘導して、カード情報を入力させたりする手口です。

●銀行やカード会社からの情報漏洩
銀行やカード会社のシステム、あるいはショッピングサイト、エンターテインメントサイトなど、クレジットカード情報を登録して利用するシステムにハッカーが侵入した場合などに、利用者の情報が漏洩するケースがあります。

●コンピュータウイルス、データ盗聴による情報漏洩
コンピュータウイルスによってカード情報を含む個人情報が漏洩するケース、第三者によってデータ盗聴が行われ、カード情報が盗聴者の手に渡るケースなどがあります。

 

被害を最小限に抑えるためには?

私たちは、キャッシュカードやクレジットカード、カードに関する情報を「盗まれないようにする」「盗まれた場合に、被害を抑えられるような対策を取っておく」ことが大事です。残念ながら「100パーセント絶対に、カード情報を守れる方法」というのはありません。カードの紛失、盗難、情報漏洩は「気をつけなければ起こるし、気をつけていても、ある程度は起こる」という心構えが大事です。私たちにできることは、次のようなことでしょう。

 

●銀行、カード会社の連絡先を控えておく
各銀行、クレジットカード会社は、カードの紛失・盗難に遭った場合の電話受付ダイヤルを設けています。事前に、これらの電話番号をメモしておいたり、携帯電話・固定電話などのメモリーに登録しておきましょう。イザというときに、1分、1秒でも早く連絡することが大事です。

●銀行、カード会社のホームページをマメに閲覧する
銀行やカード会社は「こんな詐欺事例・不正使用の手口があります、注意してください」という呼びかけを、ホームページ上で行っています。このようなメッセージを定期的に目にしていると、怪しい電話やEメールが届いたときに、危機意識をもって対処ができるでしょう。

●カードを自分の手元から離さないようにする
かばんや衣類を他人に預ける場合には、キャッシュカード・クレジットカードをうっかり渡してしまわないように気をつけましょう。店舗で買い物をする場合にも、店員さんが異常に長時間、カードを返してくれない場合や、断りもなく別室へカードを持っていくなど、不審な出来事があった場合には、注意が必要です。

●暗証番号を類推されにくいものにする
カード類と身分証明書が、一緒に第三者の手に渡ってしまった場合、誕生日・住所・電話番号などから推測できる暗証番号にしていると、すぐにカード類を不正使用されてしまいます。また、複数のカードで同じ暗証番号を使うのも、被害を広げることにつながります。暗証番号は「あなたにはわかりやすく、他人から推測しづらい」番号を使いましょう。

●カードの利用明細、通帳の残高はマメに確認する
憶えのないクレジットカードの利用、多額の現金の引き出しなどが行われたことに、早く気づけば早い段階で対処ができます。できるだけマメに、確認を取るようにしましょう。

●ネットショッピングは注意を払う
ネットショッピングでクレジットカード決済ができると、とても便利です。ただ、悪質なネットショップが情報収集目的でカード情報を記入させるケースも考えられます。また、コンピュータウイルスやデータ盗聴により、あなたのカード情報が第三者の手に渡るかもしれません。信頼のできるショッピングサイトかどうか確かめること、あなたのパソコンのセキュリティソフトを最新のものにしておくことなど、万全の対策を行いましょう。

 

金銭的な被害が起こってしまった場合の補償は?

●偽造・盗難カード預金者保護法
偽造・盗難カード預金者保護法は、金融機関に預金をしている人のキャッシュカードが、第三者によって、CDやATMで不正使用された場合に、過失の程度にもよりますが、金融機関が被害額について補償するという法律です。ただし、預金者に「過失」「重過失」があった場合には、補償額が減額されたり、被害額の補償が受けられない場合もあります。預金者の側に「過失や重過失があったかどうか?」は、金融機関側が証明しなければならない、とされており、証明できない場合は、金融機関は被害の全額を補償することになります。万が一の場合に、被害の全額補償を受けるためにも、私たちはキャッシュカードの管理に細心の注意を払っておく必要がありますね。

●クレジットカードの盗難保険

クレジットカードの付帯サービスとして「盗難保険への加入」があります。保険料はクレジットカード会社が負担するケースが多いです。万が一クレジットカードが第三者に不正使用され、金銭的な被害が生じた場合には、盗難保険の適用を受けて被害額が補償されるというものです。盗難保険の適用が受けられるかどうかは「クレジットカードの管理に注意を払っていたかどうか?」が重大なポイントとなります。たとえばETCカードやガソリンスタンドで作ったクレジットカードを、車に置きっぱなしにしていて、盗難に遭ったという場合、盗難保険の適用が受けられないことが多いです。



会員登録はこちら
ご注意

クチコミなどに掲載された情報に関する規約はこちらをご覧ください。
MONEYGEで得られた情報のみを信頼したり、またはこれを多大に信用し、投資を決定することはおすすめできません。判断をしたり行動を起こされる前に、各企業、各金融商品取引所、日本証券業協会等の信用できる機関を通じて事実確認を行うことをお勧めします。

マネー占星術

2019年8月25日(Sun)
■ 今日が誕生日の人の運勢
総合運
恋愛運
金運
仕事運
ラッキーカラー
※自分の運勢を知りたい方はログインしてください。

おすすめ書籍

モバイルサイト アンケート セミナーレポート
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...