1. トップ >
  2. マネーの知恵 >
  3. 入門辞典 > そもそも株ってなに?

そもそも株ってなに?

そもそも株ってなに?

企業と投資家はギブ・アンド・テイク

株式投資をしたことがない人にとって、「株」という言葉の響きは、なんとなく近寄りがたいものに思えることでしょう。でも実は、株式投資のしくみは意外に簡単なんですよ。

企業が事業を拡大していくには、工場を建設したり、資材をたくさん仕入れたりと何かと資金が必要になります。そこで、一般の投資家から出資を募り、その証明として発行した株を渡します。

さらに、企業の業績が好調なら、投資家は出資の見返りとして、利益の一部から配当金を受け取ることができます。また、業績が好調なら株かが上がるのが一般的なので、株を売って売却益を得ることもできますね。つまり、株式投資は、企業と投資家のギブ・アンド・テイクの関係で成り立っているのです。

現在では、「株券」を発行しない企業が増えたり、株を買っても株券をそのまま「ほふり」と呼ばれる機関に預けたりして、実際に「株券」そのものを目にする機会は滅多になくなりました。でも、こうした企業と投資家のギブ・アンド・テイクの関係に変わりはありません。

株の起源はオランダ東インド会社

企業にとっても投資家にとっても相互にメリットがある株式投資は、よくよく考えればとっても画期的なしくみ。では、こうしたしくみは、いったいいつ頃生まれたものなのでしょうか?

株の正確な起源は明らかではありませんが、一般的には、1602年に設立されたオランダ東インド会社で発行されたのが始まりではないかとされています。

当時オランダ東インド会社では、外国での貿易を営む企業から出資を募り、運営資金を調達していました。香料や絹などの買い付けが成功すれば、出資金は何十倍にもなって戻ってきます。でも、航海の途中で海賊に襲われたり、嵐で船が沈んだりすれば、出資金は戻ってこないことに。

さらに、出資した人に対しては、その出資を証明するための証券が発行され、その証券は、人々の間で自由に売買されていました。こうしたしくみが、現在の株式投資のしくみの原型だといわれています。

はるか昔の17世紀から続いている由緒ある営みに参加すると思えば、それだけで株式投資の醍醐味が感じられそうですね。

 

株のしくみ
Point!

株式投資は、企業と投資家のギブ・アンド・テイクで成り立つ画期的なしくみ!



会員登録はこちら
ご注意

クチコミなどに掲載された情報に関する規約はこちらをご覧ください。
MONEYGEで得られた情報のみを信頼したり、またはこれを多大に信用し、投資を決定することはおすすめできません。判断をしたり行動を起こされる前に、各企業、各金融商品取引所、日本証券業協会等の信用できる機関を通じて事実確認を行うことをお勧めします。

マネー占星術

2019年10月22日(Tue)
■ 今日が誕生日の人の運勢
総合運
恋愛運
金運
仕事運
ラッキーカラー
※自分の運勢を知りたい方はログインしてください。

おすすめ書籍

モバイルサイト アンケート セミナーレポート
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...